ほうれい線が無くなる対策

2018年10月19日

ほうれい線が無くなる対策



実年齢プラス10歳もの老け顔にみられる、ほうれい線。
鼻の両脇から頬の境界線としてあらわれる深いシワは、早めの対策が肝心です。

ほうれい線に効く対策方法には、スキンケアのほか、マッサージや表情筋を鍛えるエクササイズなどが挙げられます。

こうした対策方法をこまめに実行することが、エイジング世代といわれる30代以降も美肌を保つことにつながります。

そこで今回は、ほうれい線が無くなる対策について解説します。

ほうれい線を消したい女性


@ほうれい線対策が必要な肌の特徴



ほうれい線ができやすい人の肌には、いくつかの共通する特徴がみられます。
下記のうち1つでも当てはまるようなら、早めに対策をとることをおすすめします。

☑口元が粉を吹く
☑肌のハリと弾力が減少している
☑保湿剤をつけても皮膚がうるおわない
☑頭皮や目元のたるみが気になる
☑血行が悪く顔のくすみが治らない
☑過度なダイエットのせいで頬の皮がたるんでいる

このような特徴をもつ人は男女問わず、ほうれい線のできやすい肌といえます。
皮膚の乾燥、弾力低下、たるみ、くすみの4つの症状は、いずれもシワの原因です。

また、これらの症状は年齢に関係なくあらわれます。
若いからといって、ほうれい線対策を怠ってはいけません。

ほうれい線対策の化粧品

Aほうれい線が無くなる対策方法3選



見た目年齢を老けさせるほうれい線の対策方法は、大きく分けてスキンケア、マッサージ、表情筋のエクササイズの3種類あります。

●スキンケアでほうれい線を消す



まずは、小ジワやほうれい線の原因となる肌の乾燥を防止するため、保湿を中心としたスキンケアを徹底することが必要になります。

皮膚の生成にかかわるセラミド配合の化粧水や保湿剤を取り入れ、スキンケアでほうれい線対策をしましょう。

また、紫外線対策を怠っていた人は、美白化粧水を使うのがおすすめです。

顔のくすみなどが目立つ場合、体内にメラニン色素が増えてバリア機能を破壊している可能性が高いため、こちらもほうれい線の原因になりかねません。

●マッサージでほうれい線解消



肌の水分保持力を維持するためには、血流を促進して必須栄養素を各所へ行き渡らせる必要があります。

ところが、ほうれい線の目立つ人ほど基礎代謝や血流が悪く、乾燥を防ぐための栄養分が肌に浸透していない傾向が高いのです。

そのため、血流改善に役立つマッサージを取り入れ、対策をとることをおすすめします。

ほうれい線を消した女性

●表情筋のエクササイズ



ほうれい線を深刻化させる原因は、頬のたるみです。
これを解消するには、表情筋のエクササイズが必要になります。

1日数分で実行できる方法が多数紹介されていますので、たるんだ脂肪分のリフトアップに役だつマッサージとあわせて行いましょう。

入浴の美肌効果

2018年10月13日
日本人はお風呂に入るのが好きですが、最近はシャワーだけですます人が増えているようですね。
でも、入浴することには、たくさんの美肌効果や健康効果があります。せめて、1週間に2回でも入浴することで、美魔女に近づきますよ!

1.基礎代謝が上がる



お風呂に入ると汗をかきます。入浴後は、身体がポカポカしますよね。これは、入浴すると体温が上昇するからです。定期的に入浴する人は、体温が高くなるので、基礎代謝が上がります。基礎代謝というのは、じっとしていても消費されるエネルギーのことです。つまり、基礎代謝が高い人は、脂肪を燃焼しやすく、痩せやすい体質になるんです。これは、ダイエットで、理想的な体型をキープしたい女性には、嬉しいですよね。


お風呂で基礎代謝を上げる女性


2.血行が良くなる



入浴すると、身体が温まり、血管が拡張するので、血行が良くなります。血行が良くなるということは、冷えを予防できたり、腰痛や肩こりの防止になります。さらに、血流が良くなると、身体に必要な栄養がすみずみまで行き渡るようになります。このため、新しい肌細胞の生成が促進され肌のターンオーバ機能が正常になります。

お風呂で血行が良くなった女性


3.むくみを解消



入浴は、リンパの流れを良くする効果もあります。リンパがスムーズになると、身体の老廃物がうまく排出されるので、むくみを解消することができます。

4.リラックス効果



お風呂に入ると気持ちが良いですよね。入浴すると、全身の筋肉が弛緩し、緊張がほぐれます。このことにより、リラックス効果が得られ、ストレス解消になります。ストレスは、ニキビや肌荒れの原因にもなりますから、入浴で発散しておきたいですよね。おすすめは「半身浴」健康効果、美容効果が高くなるのは、半身浴です。ぬるめのお湯に15〜20分入浴することが理想的です。好みのオイルやアロマを取り入れて、リラックス効果を最大限にすると、バスタイムも楽しくなりますね。

乾燥肌でお風呂を注意する女性


このようにお風呂には良い効果もありますが、気をつけるポイントもあるのです。
それは、乾燥肌や敏感肌の方はお風呂の入り過ぎはマイナスになるということです。
その点も考慮してお風呂に入りましょう。


敏感肌の女性



肩甲骨ストレッチでダイエット

2018年09月27日
肩甲骨ストレッチでダイエット

年を重ねるごとに代謝がおちて痩せにくくなってしまいます。
だから、ダイエットでアンチエイジングを始めることも必要ですね。

ダイエットというフレーズからは、きつい運動や、苦し食事制限を連想して、げんなりするという方もいるようです。
ダイエットをしたいからと、苦しい思いをして運動や、食事制限をせずとも、体重を減らすことは可能です。肩甲骨まわりの筋肉を弛緩させる運動で、効率的なダイエットができるというやり方があります。




褐色脂肪細胞という体脂肪をエネルギーに変える細胞が、肩甲骨の辺りにはあります。肩甲骨の近くに位置している褐色脂肪細胞の働きを促進することによって、ダイエットに適した体になるというダイエットです。
褐色脂肪細胞は、肩甲骨の周囲に集まっているためストレッチなどの刺激を与えることで、ダイエット効果を引き出す方法になります。

肩甲骨まわりをよく使うストレッチを重点的に行うことによって、脂肪燃焼を促進することが可能になります。
肩甲骨のストレッチをすることで、冷え性対策、肩こり解消が可能になるだけでなく、セルライトを減らす効果もあると言われています。
肩甲骨の周りにある筋肉を動かすことをイメージしながらストレッチをすることで、普段は使っていない筋肉を使い、細胞の代謝を促進することが可能です。
冷え性は、肌の老化の原因にもなるので、ぜひ、ストレッチに取り組みましょう。



冷たくすることでも、褐色脂肪細胞は活動力を増します。この性質を利用するために、肩甲骨まわりを氷水程度の温度で冷やすことで、動きを高める方法があります。十分に冷やすことで、体温が低下していると思い込んだ褐色脂肪細胞が、体温を上げるために活動を始め、ダイエットになるのです。

ぜひ、ダイエットでアンチエイジングに取り組みましょう。


< 1 2 3 4 5 6 7 >