カテゴリー: アンチエイジング

慢性便秘症のお薬「アミティーザ”」の話

2017年07月27日
30年ぶりに発売された慢性便秘症の治療薬「アミティーザ」。

慢性的に続く便秘を、どう解消していますか?

市販薬を使っている人が大半かと思いますが、実は、お医者さんで診てもらうのが改善への一番の近道です。
病院での治療はまず、食生活や日常生活、排便習慣を改善指導。それでも便秘が続くようなら、薬物治療へと進みます。

慢性便秘症によく処方されるのが、この「アミティーザカプセル24μg」で、クロライドチャネルアクチベーターと呼ばれる新しい作用をもったお薬です。

このアミティーザの効果や副作用をご紹介します。

アミティーザは、他の下剤と全く違う作用のお薬

アミティーザは、世界では10年前から使用されており、日本では4年前から治療薬として処方されている実績があります。

このアミティーザは、小腸に作用して腸からの水分分泌量を増やすことで便を軟らかくして、腸の中での便の移動をスムーズにし、自然な排便を促します。また、アミティーザは、クロライドチャネルを活性化させて腸管粘膜上皮を修復する作用があり、これも便通を改善すると考えられています。

昔から使われてきた下剤に、酸化マグネシウム(便を軟らかくする)やセンノシド(大腸刺激性の下剤)がありますが、アミティーザはこれらとはまったく異なる効果を発揮します。刺激性ではないため、アミティーザへは腸にもやさしいお薬と言えます。

アミティーザの服用は、1回1カプセルを朝食後と夕食後が基本ですが、アミティーザの服用方法や用量は、お医者さんまたは薬剤師さんの指示に従います。

アミティーザの副作用って?

アミティーザの服用時には、たまに、吐き気や下痢といった副作用が出る人がもいます。
アミティーザは下剤なので、下痢の症状がでた場合は飲む用量を調節しますし、吐き気が見られたらアミティーザを飲むのを中止することもあります。いずれにしても、副作用が出た場合は、早めに主治医や薬剤師さんに相談しましょう。

また、お薬の中には、他のお薬と一緒に飲めないものもありますが、アミティーザは、他のお薬と併用して飲んでも問題ありません。ですから、複数のお薬を飲むことの多い高齢者でも、アミティーザなら安心して飲むことが出来ます。

アミティーザは自発的なお通じを促すため排便時の負担も少なく、腹痛などを起こしにくいことが優れた点の一つです。
病院の治療では、第一選択としても使用されるアミティーザ。アミティーザを処方された際は、用法・用量を守って飲んでください。

通販でエイジングケア化粧品を探すなら、ここ!

2017年04月21日
女性も30代、40代台になると考え始めるのが、エイジングケア。

肌のたるみ、くすみやしわなどが気になり始めますよね。

そして、「コラーゲンが入ったエイジングケアのための化粧品を探そう!」と考えるのではないでしょうか?

化粧品や美容食品などでもよくコラーゲン配合の商品が販売されています。

コラーゲンと聞くとなんだかお肌の良さそうですが、ここに大きな誤解があるのです。

コラーゲン配合の落とし穴



実は、外から化粧品でコラーゲンを補ってもお肌のコラーゲンは増えません。

もちろん化粧品のコラーゲンは、保湿成分としてはしっかりはたらくのですが、お肌のコラーゲンにはならないのです。

つまり、コラーゲン配合の化粧品を使ってもお肌のコラーゲンが補われるわけではないのです。

ではどうすればコラーゲンを増やすことができるのか?

そんなあなたのための答えは、「ナールスゲン」です。

ナールスゲンとは?



ナールスゲンは、お肌の細胞に働きかけて、コラーゲンに加えてお肌の弾力のもと、エラスチンも増やすのです。

つまり、お肌のもとから持っているコラーゲンを作る働きを高めるエイジングケア成分なのです。

そんなナールスゲン配合エイジングケア化粧品を扱っている通信販売のショップが、ナールスコムです。

TVや雑誌などのメディアでも取り上げられたことのある美容ローション「ナールスピュア」をはじめ、美容クリームやハンドクリームなどの商品がそろえられています。

どの化粧品も無香料・無着色で余計なものが使われていないので安心して使うことができますよ。

しわやしみ、ほうれい線などは気になってきて、エイジングケア化粧品を探すなら、ナールスコムはおすすめの通信販売ショップです。

そんなナールスゲンを配合した
エイジングケア化粧品を取り扱っているナールスコムでエイジングケア化粧品を選んでみてはいかがですか?

ちょっと変わったエイジングケア化粧品ショップのご紹介

2017年03月10日
今回、ご紹介するのはちょっと変わった、いや、ユニークな基礎化粧品を扱っている通信販売のお店です。

基礎化粧品の中でローション、美容液、ハンドクリームなどのエイジングケア化粧品を扱っています。

ユニークと言ったのは、そこで使っているのがすごく特徴的で面白い成分だから。

その成分の名前は、ナールスゲン。

もしかしたら、聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ナールスゲンってなに?



京都大学と大阪市立大学との共同開発によって生み出された画期的なエイジングケア化粧品成分だそう。

ナールスゲン、英語では、NAHLSGENと書きます。

あまり響きが良くないかもしれませんね。

名前の成り立ちが気になったので、ちょっと調べたところ

NAHLSは、Nippon Amenity and Health based on Life Scienceのそれぞれの頭文字をとって、NAHLSとなったようです。

生命科学に基づいて、快適と健康を追求するということのようです。

それにちなんだ成分が、ナールスゲンです。

なんだか難しそうな響きですが、それはさておき、

そんなナールスゲンのエイジングケア化粧品を取り扱っている基礎化粧品の専門通信販売サイトが、「ナールスコム」なんです。

そこで、扱っているブランドが「ナールス」。

エイジングケア化粧品のナールスコム



おしゃれなつくりが多いエイジングケア化粧品の通信販売のウェブサイトの中で、一風変わっていますね。

でも中身はずいぶん、真面目そうです。

ナールスゲンをもとに開発したナールスピュアやナールスユニバなど各製品の開発物語、使用者の意見、ナールス商品の使い方からQ&Aまでしっかりと情報が詰まっています。

他にも、商品に関してだけではなく、エイジングケアに関する学術的な情報も詰まっていますし、女性店長さんのおもてなし動画なども興味深いですね。

そして、ナールスゲン。

よくよく調べたら、なんだかすごいエイジングケア成分です。

ナールスゲンの働き



・お肌に大切なコラーゲンやエラスチンを増やしてくれる

・擦り傷なんかも早く治ることが期待できる

・紫外線のダメージを軽くしてくれる

・お肌のバリア機能アップをサポートしてくる

など、エイジングケアに良いことづくめ。

また分子量331.26ドルトンという小さなアミノ酸誘導体で、低分子コラーゲンよりもさらに小さい成分なので角質層の奥深くまでじっくり浸透してくれるそうです。
刺激性や毒性も無い安全な成分だそうなので安心して使うことができますね。

そんなナールスゲンを配合した
エイジングケア化粧品を取り扱っているナールスコムでエイジングケア化粧品を選んでみてはいかがですか?


ほうれい線を消す化粧水は本当にあるのか?

2017年02月01日
エイジングケア世代の女性の最大の敵であるほうれい線とエイジングケア化粧品のお話。

乾燥によるほうれい線を消す化粧水のご紹介もします。

30代、40代、50代になると、とても気になるエイジングサイン。
その中で、常に3位以内にはいるのがほうれい線です。

ほうれい線は、医学用語では鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれます。

鼻と唇の間の溝という意味ですね。




はたして、このほうれい線は消すことができるのか?

また、どのようにエイジングケアの対策をすればよいのか?

エイジングケア、エクサイズ、マッサージ、美容整形など手段はたくさんありますね。

ほうれい線対策は、まず、その原因をしっかり理解することが第一歩。

ほうれい線ができる根本の原因は、「顔のたるみ」です。

たるみは、

・お肌はコラーゲンやエラスチンが減少するとハリがなくなる
・皮下脂肪が大きくなって、皮膚を支えることができずに重力によって下へいってしまう。
・表情筋が弱って、皮下脂肪を支えきれない

ことで起こります。

口元のたるみが深くなれば、だんだんほうれい線は目立ってしまうのです。

ほうれい線は、こうなってしまうとどんなエイジングケア化粧品でも消すことは不可能。

エクサイズ、マッサージ、美容整形など手段も合わせて必要なのです。

最終兵器は、もちろん、再生医療や美容医療などの医学的手段です。
できればほうれい線で悩みたくないですね。


だから、ほうれい線は予防や早い段階からのスキンケアやエイジングケアが大切なのです。

では、実際、ほうれい線の予防ってどうすればいいのでしょうか?

ほうれい線は、若くてもお肌の乾燥や紫外線によって目立つこともあります。

もちろん、ホンモノのほうれい線は、顔たるみが原因です。

しかし、30代前半でもお肌の乾燥や紫外線によってほうれい線が目立つこともあります。

また、40代や50代になると顔のたるみを進ませてしまうのが、お肌の乾燥や紫外線ダメージです。

つまり、ほうれい線対策の予防なら、保湿と紫外線対策が必須なのです。

そして、ほうれい線の予防やまだ浅い段階なら、エイジングケア化粧品で対策が可能です。

エイジングケア化粧水でほうれい線が消えることも。



ほうれい線を消す化粧水なら、エイジングケアをサポートするナールスゲン配合のエイジングケアローションがナールスピュアです。

ナールスピュアは、@コスメの化粧水ランキングで1位に輝いた化粧水。

ナールスゲンやビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体配合。

お肌のハリやつやのもとであるコラーゲンやエラスチンを増やすサポートで、乾燥によるほうれい線を消すサポートをしてくれるのです。

エイジングケアのための栄養素って?

2016年06月20日

美肌のためには、毎日のエイジングケア習慣が大切ですね。

ただし、エイジングケアといっても、化粧品による外側からの対策だけでは不十分。
十分な睡眠、適度な運動、そしてバランスのよい食事など、体の内側からの対策が重要です。

中でも、食生活は健やかな素肌づくりの基本。
ということで、美肌のためにはどのような食品摂取を心がければいいのか、食事面からの対策をご紹介します。


まず、お肌にとってよいとされる栄養素は、良質のたんぱく質、ビタミン類、ミネラルなど。

お肌の材料となるたんぱく質に加えて、積極的に摂りたいのが、ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン類、亜鉛や鉄などのミネラル、それ以外ではセラミドやα-リノレン酸。美肌にとって大切なうるおいをキープするのに大切な栄養素です。

特に、肌のターンオーバーを促し、本来の健やかな状態でお肌が生まれ変わるのをサポートするビタミンAは、うるおいを保つための必須栄養素。また、血行を促す働きのある鉄分も、お肌の乾燥の改善に効果的といわれています。

さらに、ビタミン類の多くには抗酸化作用、亜鉛には細胞分裂を助ける力があるので、エイジングケアには重要です。

では、これらの栄養素を豊富に含んだ食品を紹介しましょう。


*栄養素とおすすめの食品

◎ビタミンA(ベータカロテン)
角質層のNMF(天然保湿因子)の生成をサポートし、皮膚や粘膜にうるおいをもたらします。また、お肌のコラーゲンをつくるのを助けたり、新陳代謝を活発にします。

レバー、ウナギ、アナゴ、サバ・イワシなどの青魚、乳製品、卵モロヘイヤ・にんじん・かぼちゃ・春菊などの緑黄色野菜のり、ワカメ、緑茶 など

◎ビタミンB
お肌のターンオーバーを正常に保つのをサポート。肌が乾燥することでおころ肌荒れを抑える働きがあります。

豚肉、レバー、卵、大豆、納豆 など

◎ビタミンC
お肌のコラーゲンをつくるのをサポート。抗酸化作用、つまり血液中の活性酸素を取り除いたり、酸化したビタミンEをもとに戻す働きもあります。

キウイフルーツ、いちご、柿などの果物、パプリカやパセリ、芽キャベツ、ブロッコリー など

◎ビタミンE
血行を促進し、お肌の新陳代謝を活発にします。また、抗酸化作用もあり、ビタミンCといっしょに摂れば効率的です。

アーモンドなどのナッツ類、ごま、大豆、アボカド など

◎セラミド
角質間細胞脂質の代表で、高い保湿力があります。食品でも摂ることができますが、そのままお肌でセラミドになるわけではありません。

こんにゃく、しらたき、大豆、黒豆、小豆、ひじき、ワカメ など

◎亜鉛
細胞分裂を助ける働きがあります。お肌だけでなく、髪の毛、爪などの健康を維持するのに必要です。

牡蠣、赤身の肉、卵黄、タラバガニ、タラコ など

◎鉄
お肌に栄養を届ける、血液の源です。

レバー、しじみ、かつお、まぐろ、ひじき、大豆、小松菜、菜の花 など

◎ α-リノレン酸
セラミドをつくる原料となります。

アマニ油、エゴマ油、魚油 など


これらの食品、食べたらすぐにお肌がうるおって美肌になる、というものではありません。大切なのは毎日の食生活にバランスよく取り入れ、継続すること。

これに加えてエイジングケア化粧品を使えば、より美肌力がアップ。

食事とエイジングケアは、日々の積み重ねがポイントですね。