2017年02月

ほうれい線を消す化粧水は本当にあるのか?

2017年02月01日
エイジングケア世代の女性の最大の敵であるほうれい線とエイジングケア化粧品のお話。

乾燥によるほうれい線を消す化粧水のご紹介もします。

30代、40代、50代になると、とても気になるエイジングサイン。
その中で、常に3位以内にはいるのがほうれい線です。

ほうれい線は、医学用語では鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれます。

鼻と唇の間の溝という意味ですね。




はたして、このほうれい線は消すことができるのか?

また、どのようにエイジングケアの対策をすればよいのか?

エイジングケア、エクサイズ、マッサージ、美容整形など手段はたくさんありますね。

ほうれい線対策は、まず、その原因をしっかり理解することが第一歩。

ほうれい線ができる根本の原因は、「顔のたるみ」です。

たるみは、

・お肌はコラーゲンやエラスチンが減少するとハリがなくなる
・皮下脂肪が大きくなって、皮膚を支えることができずに重力によって下へいってしまう。
・表情筋が弱って、皮下脂肪を支えきれない

ことで起こります。

口元のたるみが深くなれば、だんだんほうれい線は目立ってしまうのです。

ほうれい線は、こうなってしまうとどんなエイジングケア化粧品でも消すことは不可能。

エクサイズ、マッサージ、美容整形など手段も合わせて必要なのです。

最終兵器は、もちろん、再生医療や美容医療などの医学的手段です。
できればほうれい線で悩みたくないですね。


だから、ほうれい線は予防や早い段階からのスキンケアやエイジングケアが大切なのです。

では、実際、ほうれい線の予防ってどうすればいいのでしょうか?

ほうれい線は、若くてもお肌の乾燥や紫外線によって目立つこともあります。

もちろん、ホンモノのほうれい線は、顔たるみが原因です。

しかし、30代前半でもお肌の乾燥や紫外線によってほうれい線が目立つこともあります。

また、40代や50代になると顔のたるみを進ませてしまうのが、お肌の乾燥や紫外線ダメージです。

つまり、ほうれい線対策の予防なら、保湿と紫外線対策が必須なのです。

そして、ほうれい線の予防やまだ浅い段階なら、エイジングケア化粧品で対策が可能です。

エイジングケア化粧水でほうれい線が消えることも。



ほうれい線を消す化粧水なら、エイジングケアをサポートするナールスゲン配合のエイジングケアローションがナールスピュアです。

ナールスピュアは、@コスメの化粧水ランキングで1位に輝いた化粧水。

ナールスゲンやビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体配合。

お肌のハリやつやのもとであるコラーゲンやエラスチンを増やすサポートで、乾燥によるほうれい線を消すサポートをしてくれるのです。