脱毛サロンは危険?脱毛コースで「やけど」するって本当?

2018年11月16日
ムダ毛のないツルスベ肌を目指して通いたい脱毛サロン。

だけどちょっぴり不穏なウワサを聞きつけました。

それが、脱毛でやけどをするという話。

もしもそれが本当だとしたら、ツルスベ肌どころか、傷を負ってしまいます……。

でも、それって本当?

というわけで、今回は脱毛とやけどの関係性についてリサーチしてみます。




脱毛の種類とは?



脱毛サロンで施術を受けることができる脱毛にはどんな種類があるのでしょうか?

例えば、クリニックで施術を受けられるレーザー脱毛や、脱毛サロンの定番・光脱毛、ニードル脱毛や電気脱毛もありますね。

これらのうち、やけどの危険性があるものはどれくらいあるのでしょうか?

脱毛でやけどをする可能性脱毛でやけどを負うというウワサの根源は、脱毛をする際に熱源を持つものを使用する脱毛方法があるということ。




熱を持つ施術でやけどするのか?



レーザーや光はすべて熱を持つものですよね。

これらを直接肌に当てて、熱のパワーによりムダ毛や毛根、毛の種などを除去する脱毛方法を採るため、その熱によりやけどをするというウワサが広がっているんです。

でも、よくよく考えてみたら、これらの脱毛方法はとってもメジャーなもの。

その度に熱によるやけどをしていたら、誰も脱毛なんてしませんよね?

つまりは、こういうことです。

たしかにいくつかの脱毛方法には熱を伴うものがあります。

しかし、それは人間の肌が耐えられる程度の熱。

つまり、ケガを負うほどのやけどにはならないのです。

きちんとしたサロンを選ぶ



もちろん、怪しい脱毛サロンで不用意に脱毛機器を肌に密着させられてしまえば、やけどを負う可能性がないわけではありません。

だけど、しっかりとした脱毛サロンで適切な施術を受けている限り、やけどになる危険性は非常に少ないと言えます。

脱毛サロンのアフターケアとはいえ、ある程度の熱を持ったものを肌に直接当てているという事実には変わりがありません。

そこで多くの脱毛サロンでは脱毛の施術後、冷却ジェルを塗布する、冷たいタオルで施術箇所を冷やすといったアフターケアがなされています。

これで皮膚の熱をきちんとクールダウンさせ、肌へのダメージを最小限に止めてくれているんですよ。

気になる人はカウンセリングで確認を





いかがでしたか?

脱毛でやけどをするというウワサは、まったく嘘と言うわけではありませんが、一般的にはあまり心配する必要のないものだということが分かりましたね。

どうしてもやけどの不安がぬぐいきれない方は、脱毛サロンのカウンセリングの際、スタッフとしっかり話し合って、肌へのダメージの少ない方法をセレクトしてくださいね。

信頼できるスタッフのいる脱毛サロンはこちらから


オイルフリーのスキンケアアイテムがもたらすメリット&デメリット

2018年11月13日

オイルフリーのスキンケアアイテムがもたらすメリット&デメリット



敏感肌の方や肌のベタつきが気になる人がチェックするスキンケアアイテムの条件の一つにオイルフリーがあげられます。
オイルフリーとは、読んで字のごとく、油分を使用していないということ。

オイルフリーのスキンケアアイテのイメージ

油分を使用しないオイルフリーをうたうスキンケアアイテムにはどんなメリットがあり、逆にどんなデメリットがあるのか。今回はしっかり検証したいと思います。


1.オイルフリーのメリット


オイルフリーのスキンケアアイテムのメリットにはいくつかがあります。
例えば、オイルが原因あるいは皮脂の量が多いことが原因で肌荒れしている人は、オイルフリーを使用することでそのトラブルが解消する可能性があります。

また、オイルクレンジングを愛用している人にありがちな、オイルの洗い残しによる毛穴の詰まりも改善されます。

オイルクレンジングを愛用する女性

さらに、オイルには皮膚が本来持つ皮脂までも除去してしまう可能性があるので、オイルフリーを使用すれば過剰な皮脂の除去を避けることができます。

特に、多くのオイルクレンジングには乳化剤(界面活性剤)が配合されているので、その成分が肌に必要な皮脂まで溶かしてしまうことも。
そのような心配がないのがオイルフリーのスキンケアアイテムのメリットです。


2.オイルフリーのデメリット


ではオイルフリーであることのデメリットはあるのでしょうか?例えば、オイルフリーのクレンジング剤はクレンジングオイルに比べて、メイク落としの効果が劣る場合があります。

さっぱりメイクを落としたい人には不向きかもしれません。
また、オイル使用のスキンケアに比べて、オイルフリーの場合若干お値段が高めになる傾向も。

そして、乾燥肌の人がオイルフリーのスキンケアアイテムを使用すると、かえって水分が不足し、肌トラブルが増加してしまう危険性があります。

水分が不足している女性

これは、オイルが肌の水分を守るコーティング作用を持っているため。
過剰に油分を減らしすぎると、肌がかえって水分不足に陥ってしまう可能性があるんですね。


3.オイルフリーのスキンケアアイテムの選び方


オイルフリーをうたうスキンケアアイテムを使ってみたいという方にぜひチェックしてほしいのが、そのスキンケアアイテムに保湿成分が含まれているかどうか。

ただ、油分を取り除くのではなく、その代わりとなる保湿成分が含まれているアイテムであれば、乾燥肌の人も安心して使用できますよ。

多くの人が注目しているけども、イマイチそのメリット・デメリットが明確でないオイルフリー。
しっかり学んで、自分にピッタリのスキンケアアイテムを見つけましょうね。

メイクしたまま寝るとお肌に良くないのはどうして?

2018年10月23日
疲れて帰ってきた日や酔っぱらってしまった日などついついメイクを落とさずにベッドに倒れこんでしまったことはありませんか?

メイクを落とさずにそのまま寝ることは肌に良くないということは分かっているもののそれが実際にどんな影響を与えるのかはわからないという方が多いと思います。

メイクを落とさずにそのまま寝ることの悪影響を知らない女性

そこで今回は実際にメイクをしたまま寝た際に起こる肌への影響について調べてみました。


1.肌の乾燥を引き起こしてしまう


化粧品には皮脂を吸収してさらっと仕上げる成分が含まれています。

普段はべたつきを抑えてより健康的に見せてくれるものですが、就寝時もその効果が持続すると肌に必要な皮脂まで吸収され、肌はどんどん乾燥していってしまいます。

乾燥が悪化すると肌はダメージを受けやすくなり、さらに皮脂の過剰分泌の原因にもなります。


2.毛穴詰まりの原因になる


メイクをしたまま就寝すると毛穴は常に塞がった状態になってしまいます。
さらに肌は乾燥してしまうためどんどん毛穴は広がり毛穴に汚れや角質が蓄積してしまいます。

毛穴に汚れや角質が蓄積した女性

見た目にも毛穴が目立ち、汚い肌になりますが、毛穴に詰まった汚れに雑菌が繁殖し炎症を起こし肌荒れやニキビの原因にもなるのです。


3.色素沈着が起きてしまう


メイクの中には様々な色味成分が含まれています。
そして就寝中も落とさずにいるとその成分が長時間肌に付着するため色素沈着を起こす可能性があるのです。

特に目の周りや唇など肌が薄い部分は色素沈着しやすいので要注意です。
さらに化粧品が皮脂と混ざり合い、酸化することで活性酸素が発生し、肌を守るためメラニンが作り出されてしまうことも肌のくすみやシミの原因になっています。


4.肌のターンオーバーが正常に機能しない


通常肌は28日周期でターンオーバーを繰り返し古い角質が生まれ変わっていきますが、メイクをしたまま寝ていると肌はダメージを受け乾燥しているため肌のターンオーバーが通常に機能しなくなってしまいます。

メイクをしたまま寝ることをやめた女性

するといつまでも古い角質が肌に残り、肌は固くゴワゴワとしてどんどん老けていってしまうのです。
ニキビ跡や肌荒れ改善も遅くなるのでいつまでも肌がきれいになりません。


1 2 3 4 5 6 7 >